万が一の事態にアイピル
万が一の事態にアイピル

PMSの症状にピルの服用

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンドームは日本で最もポピュラーな避妊法です。男性が装着することで妊娠を防ぐことができますが、身体の機能をなくすものではありませんので、コンドームが破れたり外れたりすれば、一気に避妊効果がなくなります。
性行為をすれば100%妊娠するわけではないものの、わずかでも可能性があるのなら、直ちに避妊対策をすることが重要です。その時に活躍してくれるのが、女性用の緊急避妊薬です。性行為から72時間以内に服用することで、高い避妊率を得られるようになります。
病院で処方されるものを使うのが基本ですが、すぐに服用を開始したいならアイピルといった海外から輸入できる緊急避妊薬を持っていると便利です。しかし、緊急避妊薬はあくまでも緊急時に服用するものですので、常用は避けなければなりません。

いらいらしている女性女性は生理が近づいてくると身体の調子が悪くなることがあります。胸が張ったり、むくみが出る、ニキビが出やすい、便秘になる、イライラするなどの症状です。骨盤周辺に痛みが出て腰痛のような症状を発することもよくあります。これらの症状は生理がやってくればおさまることが多いですが、症状が重いと日常生活に支障をきたすようになります。
症状が重い状態をpmsと一般的に呼ばれています。とても多くの女性が悩まされるpmsですが、妊娠を希望しないなら日常的に低用量ピルを服用することで、pmsの症状を緩和させることができます。日常的に服用する低用量ピルは、緊急避妊薬のピルとは違いますので、気軽に毎日のように使うことができます。
生理前の腰痛の症状は骨盤の歪みが関係している場合があります。普段から骨盤体操を行い、歪みを調整すると症状の改善が期待できます。