万が一の事態にアイピル
万が一の事態にアイピル

アイピルを停止しても不妊の原因になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイピルなどの緊急避妊薬を飲んだからといって、不妊の原因になってしまうわけではありません。またPMS(月経前症候群)の症状改善目的で使われるような低用量ピルも服用を停止すれば速やかに月経が再開します。3~4ヶ月経っても月経が来ない場合は病院に相談したほうが良いでしょう。
ピルを停止した後の妊娠でも赤ちゃんに異常や障害が多くなることはほとんどないとされています。将来的には子供を作りたいけれども、今は確実に避妊したいという場合にはためらわずにアイピルを用いましょう。

アイピルアイピルは性交渉から時間が経ってしまうと徐々に避妊の成功率が落ちていきます。
24時間以内では95%でほぼ確実に避妊ができますが、72時間以内になると75%の成功率まで下がります。そこからどんどん下がって、受精卵が子宮内膜に着床してしまうと妊娠してしまうので、早めに手を打つようにしましょう。
ピルを飲み忘れずにきちんと使えば、殺精子剤、IUD(薬剤添加)、コンドーム、ペッサリー、リズム方(オギノ式、基礎体温方etc)、女性避妊手術、男性避妊手術、などに比べて高い確率で避妊させることができます。
薬を飲むだけなので体への負担が軽くて済むというメリットもあります。頻繁にSEXをする人や今は確実に避妊したい人などはお守り代わりにアイピルを購入しておいても良いでしょう。
一番安く手に入るのは、ネット通販で個人輸入して買う方法です。ネット通販では医師の処方箋なしで薬を買うことができます。婦人科などを受診してピルを処方してもらうのに抵抗がある人は、安全性の高い業者を見つけて、そこから買うようにすると良いでしょう。ただし、使用に関してはすべて自己責任になります。