万が一の事態にアイピル
万が一の事態にアイピル

アイピルは性行為の後できる限りすぐに飲む

このエントリーをはてなブックマークに追加

希望をしない妊娠をしないように避妊するのが受胎調節であり、ピルによる避妊はそういったコントロールに役立ちます。受胎調節では望まない妊娠をしないことが目的ですから、それに確実な避妊が必要となります。それがコンドームを正しく使用することや、女性側としてはピルを飲むということになります。
男性のコンドームは、使用を誤らなければ、避妊率の高い方法ですので、挿入前には忘れず着用することです。より確実なのは、女性のピルを使う方法です。毎日忘れず飲むことが、ピルには不可欠になって決まるが、ルールさえ守れれば避妊はゴムよりも確実にできます。
日本では性行為での避妊のためのコンドームは、一般的な避妊方法です。しかしコンドームが破れてしまうなど、思いがけないトラブルで予期せず妊娠してしまうケースもあります。希望しない妊娠を防ぐために、緊急用避妊薬としてあるのがアイピルです。

ジェネリック医薬品イメージ緊急用避妊薬にも種類がありますが、これはジェネリック医薬品になります。そのため一般的な緊急用避妊薬のピルよりも、費用は抑えることができます。ジェネリック医薬品といっても、発売前には実験が行われ、アメリカの食品や医薬品の検査を行う、FDAよりも許可されている医薬品になります。
購入金額も安くて、安全性も認められているアフターピルですので、多くの女性にとっても味方になっているお薬のひとつです。低用量のタイプではありませんので、飲んでからの副作用は感じやすくなります。強い吐き気などを起こすことはありますが、それは一時ですので時間が解決をします。
避妊効果を高く望むのであれば、性行為の後できる限りすぐに、アフターピルのアイピルを飲むようにしましょう。性行為からお薬の服用時間まで、短いほど効果が高いので急ぐ必要があります。余りにも時間があいてしまうと、成功率は下がっていきます。