万が一の事態にアイピル
万が一の事態にアイピル

アイピルの作用はホームページでチェックしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイピルは経口避妊薬の1つです。一般的にピルと言えば、毎日継続的に服用する事によって避妊の効果を得られます。このような方法で避妊効果を得るピルは、低用量ピルといって含まれるホルモン剤の量を、最小限に抑えているケースが多いようです。
一方、アイピルをはじめとするピルはアフターピルといって配合されているホルモン剤の量が高用量となっています。服用すると体内の女性ホルモン量が一気に上昇するのが特徴です。
女性ホルモン量を上げる事により人工的に生理を起こして避妊の効果を発揮します。毎日服用して避妊の効果を得るピルは前もって服用を続けていなければいけません。服用していない方が性交渉後にすぐ低用量ピルを服用しても、避妊の効果は得られないのです。アフターピルは高用量のホルモン剤を体に取り入れ、人工的に生理を起こす事で受精卵の着床を防ぎ、妊娠を妨げます。
ですので事前に服用しておく必要も無く、性交渉後飲めば避妊の効果を得られます。100%の確率で避妊の効果を得る事はできないものの、もしもの時に準備しておけば安心です。ただ、どのような作用があるのか、服用方法などが不安という方も多いでしょう。

PCで調べごとする女性より避妊効果を得るには、正しい服用をしなければいけません。初めてアイピルを服用するという場合、医師に相談するのはもちろん、ホームページで服用方法をチェックしましょう。
アイピルは性交渉後、72時間以内に1錠服用すると、避妊の効果が得られます。ただ、服用する時間が長引けば長引く程、避妊の効果は落ちてしまうようです。
24時間以内の服用は95%以上、そして72時間以内の服用は75%以上の成功率と言われています。避妊の効果を高めるなら、早めの服用がおすすめです。