万が一の事態にアイピル
万が一の事態にアイピル

アイピルと抗エストロゲン剤の飲み合わせは要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイピルはアフターピルといって性交渉後に服用する事で避妊の効果を得られるピルの1つです。通常、ピルは毎日継続する事によって避妊の効果を発揮します。
ピルに含まれるホルモン剤が作用し体内の女性ホルモン量を妊娠中と同じ状態にするのです。妊娠中は排卵が止まり、再度受精卵が着床するという事はありません。
ピルを服用する事によって妊娠しているのと同じ状態となり、確実に避妊の効果を得られます。
ただ通常のピルは事前に服用を続けていなければ、避妊の効果を得る事はできません。ピルを服用していなかった方が、コンドームの避妊に失敗してしまったり、望まない性交渉があった場合、その後からピルを服用しても避妊の効果は得られないのです。このような場合、緊急的に用いたいのがアフターピルです。

医師からの注意説明アイピルをはじめとするアフターピルはホルモン剤の量が高濃度で含まれています。服用すると女性ホルモン量が一気に上昇し、人工的に生理を起こします。
生理となり子宮内膜が剥がれれば、受精卵があったとしても着床を大きく防げます。毎日飲み続けるピルよりも、避妊率は劣ってしまいますが、もしもの時の為に事前にアフターピルを、準備しておく事がおすすめです。
ただ、ピルは薬ですので、他の薬との飲み合わせを考えなければいけません。例えば、抗エストロゲン剤との飲み合わせには注意が必要です。
抗エストロゲン剤は女性ホルモン「卵胞ホルモン」の作用を抑える為の薬で、乳がんの治療などに用いられます。
ピルには卵胞ホルモンと同じ作用をするホルモン剤が含まれている為、抗エストロゲン剤と併用すると抗エストロゲン剤の作用を打ち消してしまうために、抗エストロゲン剤で治療を行っている方は必ず医師にピルを服用して良いか確認しましょう。